てんかんという病気についてご存知ですか?突然発作で痙攣したり、硬直してしまったりなど、発作の種類はさまざまです。普段の生活はもちろん、車の運転や、旅行など発作を予防したい時にはラミクタールという薬を服用しましょう。

ラミクタールと胸が苦しそうな男性

ラミクタールとプレドニンと重症について

抗うつ効果が高いラミクタールは、再発予防の効果もあります。うつは心の病と言われていますが、脳の病でもあり、その発端は外部要因などよりも食事にあります。砂糖や小麦粉などの健康を害する、もはや食品とは言えないものを、長く口にしてきたことで、昔はなかった精神的な疾患が今では鬼のように多くなっています。

合成副腎皮質ホルモン製剤のプレドニンは、いわゆるステロイド薬です。プレドニンの炎症への働きかけは強いものであり、炎症を抑制する力は、いろいろな病気の治療に役立ちます。しかしプレドニンの作用と、非常に強力なものであることは間違いがなく、長期的使用は重大となる副作用につながります。

重症の肺炎に対して、急性期にステロイドを使うなどの利用もあるものの、医療機関でもステロイドは取り扱い自体にも注意をする必要があります。受賞な病に副腎皮質ホルモン剤は使われるケースが多いものの、一時的につらい症状を抑えるだけにとどまる利用です。長く使うことは、人体への負担が大きくて危険なだけです。

下垂体機能低下症や、急性副腎不全にアジソン病など、副腎皮質ホルモンの欠乏で招く病にも、副腎皮質ホルモンを補うとして利用されます。その使う目的としては、体内の炎症を抑えようとするものです。

副腎の臓器の外側の皮質より分泌されるホルモンが、副腎皮質ホルモンはステロイドホルモンでもあります。そのような呼び名でも、いわれることがあります。人間の健康を保つためにも、命を継続をするにも、副腎皮質ホルモンは欠かせない物質になります。炎症を勃発させる原因の物質に、副腎皮質ホルモンは作用をしますので、強い力で炎症を抑えるという働きで活躍をすることもなります。